交通事故

通常、皆様が交通事故の被害に遭われた場合、加害者が加入している保険会社の担当者が、皆様との示談交渉をします。そして、担当者は、示談交渉の際、自社の基準に従って損害賠償金額を提示してきます。
しかし、保険会社側から提示される金額は、正当な損害賠償金額(裁判を起こせば認められる金額)を下 回っているケースが珍しくありません。
ただ、いくら正当な損害賠償金額を下回っていたとしても、いったん示談をしてしまえば、後から不足分を追加で請求することはできません。
そこで、交通事故の被害に遭われたら、示談をする前(できればお怪我の治療が終了する前)に当事務所にご相談ください。交通事故に詳しい弁護士が対応いたします。
当事務所の弁護士に依頼をすれば、保険会社の担当者との交渉をするストレスから解放される上、多くの場合、裁判をしなくても、正当な損害賠金を勝ち取る事ができます。なお、当事務所では、できる限り、弁護士報酬を支払うことによる「費用倒れ」にならないよう配慮をしておりますが、それでも「費用倒れ」のおそれがある場合には、その旨ご説明いたしますので、お気軽にご相談下さい。




交通事故示談への流れ

事故発生 事故が発生し、怪我をしました。

治療期間 治療中の段階で、ご相談に来られることをお勧めいたします。
治療費は通常、加害者の保険会社から支払われますが、被害者側にも一定以上の過失がある場合は 一旦自己負担になる場合もあります。

症状固定 この段階で完治もしくは症状固定となり、治療が終了します。
※症状固定とは、医学上一般に認められた医療を行っても、医療効果が期待できなくなった状態を言います。

後遺障害認定 後遺障害の可能性があれば、後遺障害認定を申請します。慰謝料の対象となる後遺障害が認定されるケースと認定されないケースがあります。

損害賠償額の提示 加害者(保険会社)が被害者に対して損害賠償額を提示します。

示談交渉 通常、保険会社から提示される損害賠償額は、正当な損害賠償額より低いので、弁護士が交渉をします。

示談成立 示談成立(多くの交通事故はここで解決します。)その後、保険金の支払いとなります。

示談不成立 示談不成立の場合、交通事故処理紛争センターへ持ち込まれます。そこで、また示談が不成立となると訴訟提起となり、裁判により、損害賠償額を確定します。裁判になるのは稀なケースです。